HOME>労働保険事務組合制度

労働保険事務組合制度

  労働保険事務組合制度とは、中小企業事業主団体のその事業主等の委託を受けて、事業主に代わって労働保険料の申告納付など、各種事務手続を行う制度をいいます。事業主の事務処理負担を軽減し、労働保険の適用促進及び労働保険料の適正な徴収を図る制度です。

労働保険

  労働保険とは、「労災保険」と「雇用保険」の2つを合わせたものをいい、労働者を1人でも雇用する事業主は、業種にかかわらず原則としてこの労働保険に加入しなければなりません。

労災保険

  労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に被災労働者や遺族を保護する為に必要な保険給付を行うものです。また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

雇用保険

  労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。また、失業の予防、労働者の能力開発及び向上その他、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

労働保険事務組合

  事業主に代わって労働保険事務の処理をする厚生労働大臣認可の事業主団体等のことです。労働保険(労災保険と雇用保険)には、その加入手続きから始まり、保険料の申告・納付の手続、雇用保険の被保険者に関する手続など各種の手続が必要となります。さらに、手続にはハローワークや労働基準監督署などで届出を行う必要があるなど、事業主にとって負担となっている場合が少なくありません。
  このような事業主の事務負担を軽減するため、事業主に代わって労働保険に関する事務を代行するのが労働保険事務組合です。

事務組合会員名簿

  富山県内の労働保険事務組合員の会員名簿をご紹介いたします。

会長ごあいさつ会員へのお知らせ労働保険事務組合制度富山労保連概要サイトマップHOME

Copyright © 2007.All Right Reserved.