梵鐘・仏像・銅像・寺院仏具〜老子製作所 <2009.5.18rw>

ENGLISH

広島平和の鐘

芸術院会員,人間国宝 香取正彦 作
毎年8月6日広島平和記念式典で原爆投下の午前8時15分黙祷とともに全世界に平和の祈りを鳴らす
鐘銘に吉田茂による「平和」の揮毫がある 外口径1.5尺 平時は広島市平和記念資料館東館正面ロビー収蔵展示
同じく平和公園内の悲願の鐘も当社で香取先生が造られました
ともに残したい“日本の音風景100選”の鐘(環境庁選定)に選ばれています
香取正彦先生は日本の梵鐘・金工の第一人者で
同じく文化勲章受章者の父 秀真(ほつま)先生
と共に当社を工房とされ、大小200口以上の梵鐘を製作されました
現在国内で当社が唯一伝承している梵鐘の箆(へら)押し技法の伝承に尽力されました
香取正彦先生について(百科事典『ウィキペディア』) ・  匠の技と心-梵鐘(香取正彦)
  広島平和の鐘について ・  平和公園内平和の鐘について ・   佐倉市平和の鐘について

梵鐘(ぼんしょう)・つりがね


安国寺 大梵鐘 口径6尺2寸


  安国寺様(福岡市中央区天神)大梵鐘完成
鐘身4面に天人と龍一対を伝統技法箆押しにて浮出
口径6尺2寸(1.88m) 高さ3.15m 重量10t

十二代目老子次右衛門 型 梵鐘 口径2尺8寸


  当社会長元井實が、十二代老子次右衛門として46年に及ぶ経験と
実績の上で、特に音と姿にこだわった梵鐘を製作いたしました
余韻はあくまで長く朗々と響き平成の名鐘と呼ぶにふさわしい梵鐘が完成いたしました
試行錯誤の上完成した姿はくしくも古代型と呼ばれる梵鐘に近いものになりましたが
経験にもとづく数々の提案や工夫が凝らされています。
現在の老子標準型梵鐘は七代目老子老子次右衛門が形を固めたといわれております
後の世に問う平成の名鐘の音をお聞きください。

人間国宝 大澤光民 作 梵鐘 口径2尺8寸


  平成17年7月に重要無形文化財保持者に認定された大澤光民(おおざわこうみん)先生の作品です
当社のエントランスに常設されています
大澤先生は故香取正彦先生に梵鐘造り、とりわけ箆押し技法を師事され当社にて梵鐘を製作されました
この梵鐘はジャパンエキスポ富山に出品された先生の唯一の梵鐘作品です
全面伝承技法箆押しによる仏画、文字が配されています、口径2尺8寸
平成18年4月4日〜4月16日会期 高岡市美術館『人間国宝大澤光民の全貌展ー鋳金の技と美』展
に出品されました。
人間国宝に鋳金家・大澤光民氏(高岡市)決まる!


「法華鐘」完成


  台湾最大の梵鐘、外口径8尺5寸(約2.6m)、高さ4.5m、総重量25t
平成18年1月12日台北市金山の法鼓山様に納品 特筆すべきは法華経全文七万文字を鐘の内外に浮出し
正面に「妙法蓮華経」裏正面に箆押しによる仏画を浮き出す、7万文字の浮出し文字は日本梵鐘史上最大の
文字数で仏像・銅像を含めたわが国鋳物史上でも初の成果である


浄土真宗本願寺様梵鐘

   
 外口径3.5尺 400貫
平成8年4月国宝飛雲閣の修復竣工に合わせ 鎌倉時代から伝えられた鐘に替え復元鋳造されました


曹洞宗総本山総持寺様伝鐘

神奈川県鶴見 
新本堂内傳鐘 外口径2.5尺

身延山思親閣様梵鐘

山梨県南巨摩群身延町
外口径:3尺(91cm)
重量:250貫(937kg)
 

聖心の布教姉妹会様梵鐘

日本工芸会金工部長 根来茂昌作
外口径:2尺6寸(79cm)
重量:160貫(600kg)
神奈川県藤沢市


雄山寺様梵鐘

日本工芸会 鴇田力作
外口径:3尺2寸(97cm)
重量:350貫(1,312kg)
栃木県鹿沼市

瑞泉寺様

外口径:4尺3寸(130cm)
重量:760貫(2,850kg)
富山県井波町
鐘楼堂は木彫の町を象徴する欄間と入母屋造りがみごとである 



以上は製品の一部です、何なりとお問い合わせください    
ホームページに戻ります。
梵鐘・仏像・銅像・寺院仏具〜老子製作所