ものづくりの基本技術をコンセプトに超精密加工の極みを求め続けています


会社方針

「絆は信頼から始まりそして大いなる創造へと進化する」


会社概況

所在地
〒930-2243 富山県富山市四方荒屋142-12(四方テクニカルパーク内)
TEL(076)435-1930  FAX(076)435-1972
メールアドレス fvbk6080@infoweb.ne.jp ホームページ http://www.toyama-smenet.or.jp/~ktg
資本金
4,150万円         
役員
■代表取締役会長:藤堂利一  ■取締役社長:千々石忠
■取締役:松井甚幸 ■取締役:解良進 ■取締役:有馬周伸
■監査役:飯野修
社員        
14名(内パート1名)
創立        
昭和61年10月28日
工場規模
敷地:2,000平方メートル 工場:540平方メートル
取引銀行
北陸銀行、富山信用金庫、富山第一銀行、 日本政策金融公庫、商工中金
概要
精密プレス金型、樹脂金型、電子部品、治工具等の精密部品をCAD/CAM及び高速ジグボウラーを中核にしたネットワークで、より迅速に付加価値の高い製品を客先に提供しています。特に他社に先駆けて3次元、高硬度材の直彫り加工に取り組みお客様に高い信頼をいただいております。 工場は環境を重視し、一定した空調管理の中、安定した品質と高精度の加工を実現し、更に品質保証体制に関しては、三次元測定器、輪郭形状測定器によって万全を期しております。
     

会社のあゆみ

1986
資本金200万で富山市今市ハイテクミニ企業団地内にて有限会社東邦技研として創業
1992
資本金1,000万に増資 業務拡大に伴い、富山市四方荒屋142-12に新社屋を建設し工場を移転
1995
資本金1,100万に増資 (株)東邦技研に社名変更 半導体向け精密治工具部門に進出
1996
中小創造法の認定を受け新株引受権付ワラウント社債発行
1997
1,500万に増資し3次元加工分野に進出
1999
1,850万に増資し環境を重視した工場に増改築
2000
医薬部品に進出、ALL SUS回転ローターを開発
2002
2,830万に増資         
全国中小企業経営革新支援に係る認定を受ける         
第21回JIMTOF2002 国際工作機械見本市にて金型出展         
特許取得 2件
2003
特許取得 1件
大阪 東京中小テクノフェアーに出展
精密工学会(富山大学)に出展
2004
第18回東京ビジネス・サミット2004に出展
富山県発明とくふう展に出展、市長賞を受賞
特許出願 2件
2006
第2工場、資材置き場新築
3,300万円に増資
2008
全国中小企業経営革新支援に係る認定を再度受ける
2009
ものづくり中小企業製品開発等支援補助金制度に事業計画が採択される
2010
4,150万円に増資
医療関連機器分野で特許取得
全国商工会連合会より「全国商工会連合会長賞 経営革新部門」の表彰を受ける
2011
第3工場・プレス工場・表面処理ライン新設